ホーム > 今週の注目 > よっこいしょと重い腰を上げて

よっこいしょと重い腰を上げて

ようやく売買する時という場面では、何をおいても下調べを怠ってはならない。

 

取引を行う前であるならば物事を客観的に見ることができる余地があります。

 

だが、ただ一度市場の中に足を踏み入れると、どうしても見え方が自己中心的になる場合があり、時として真っ当な状況がわからなくなる危険があります。

 

だからこそ自分自身の頭の中が客観的なうちに、間違いない準備する事が不可欠です。

 

この"j事前準備"のためには、とにかく台本を描くことから開始します。

 

これからの投資状況はこうだからランドを売買するというふうに、自分だけの脚本を書いていきます。

 

次に大事なのはチャートをチェックする事です。

 

それまでのマーケットの上がり下がり調べて、今現在の値動きを確認する。

 

そうすると、「今のところ過度に安すぎる状況になっている」など、他には「とっくに大方の人が取引しているからこの先自分か売り(または買い)してももはや遅すぎるな」などと理解できます。

 

無論今さらしかけるのが遅いと思ったならばエントリーしないで、この状況では吹っ切ることが必要です。

 

どう工夫しても自分なりのストーリー展開を押し通そうとして、強引に売買すると、為替相場にやられてしまい、かえってマイナスになりかねない。

 

ただ大体の場合では用意周到に筋書きを作っていれば、取引が遅すぎるという場面にはならないと思います。

 

リアルにマーケットが変動する前の状態のはずです。

 

次に、とりあえず自分が取引しようとする通貨の上下動を正確にチェックすることが不可欠です。

 

ドル高になるという物語を作ったのであれば該当する外貨の上げ下げに注目する事が大切です。

 

市場の動きを気をつけ始めた段階では、まだまだドルは大きく上げ下げする兆候を見せないで上下に多少の変化をしているだけでしょう。

 

ところが、その変化をきちんと注目していると、ある場面でじりじりと、ドル高の方向へと外国為替市場が動き始めます。

 

この状況でやっとドル円の注文をします。

 

基本的に、そこまで慎重に準備をやっておけばその取引で勝利する可能性は相当高まるはずだ。

 


関連記事

  1. よっこいしょと重い腰を上げて

    ようやく売買する時という場面では、何をおいても下調べを怠ってはならない。 &nb...

  2. マイナス殻ではキツい

    どこにでもあるFXの本では「マイナスになった時にはナンピンすることでポジションの...

  3. マイナス殻ではキツい

    どこにでもあるFXの本では「マイナスになった時にはナンピンすることでポジションの...

  4. テスト

    テスト記事です。...