ホーム > 生活 > 生活のためでも

生活のためでも

特定調停による処理も任意整理とほぼ同じく、お金の貸し手への支払いを継続することを選ぶ借金整理の選択になります。

 

分かりやすく説明すると裁判所における借金整理と考えればいいでしょう。

 

特定調停という方法も任意整理による解決と同じように、破産宣告と異なり特定のお金のみを処理していくことになるので他に保証人が関与している契約以外について検討したい場合やマンションのローンを除き手続きする際なども使用することも可能ですし、全ての資産を放棄してしまうことが求められていないため住宅などの財産を保有していて放棄してしまいたくない場合などでも選択肢になる借金整理の手続きとなっています。

 

しかし、手続きを取った後返済する額と実際としての所得を検討して適度に返済の目処が立てられるのであれば特定調停の手続きを進めることは可能ですが破産と違って借金そのものがなくなるわけではありませんので、元金の金額がかなりになる状況では実際に方法を取るのは困難になるということになります。

 

なお、特定調停による解決は裁判所という機関が介在しますので専門家に見てもらわなくても不利になってしまうことがないという点とか、解決のための諸経費を減らせるという良いところはありますが、各債権者からのきびしい取り立てに債務者自らが回答していく必要があることや、文字通り裁判所に何回か顔を出す手間がかかるなどの注意点もあります。

 

それから、任意による整理との比較になりますが、この方法により解決が得られないような時は借入利息を全部付けた形で返していかないといけないといった点や結果的にはお金の貸し手に対し返していく合計額が任意整理の場合よりも増えてしまう場合が多いというようなデメリットもあります。

 


関連記事

  1. 携帯を変えよう

    スマホユーザーになった友人からのメールがやたらバグっているときがある。&nbsp...

  2. 生活のためでも

    特定調停による処理も任意整理とほぼ同じく、お金の貸し手への支払いを継続することを...

  3. 帰化申請を告げたアプリ

    帰化申請をした韓国人の友人が、最近乗り換えたドイツのアプリを通じて連絡して来まし...

  4. 癒しのヘッドスパを体験したい

    ヘッドスパに力を入れている美容室があるそうです。 ここがそうみたいです。 htt...

  5. 大人数でやるフラッシュモブ

    個人でやるフラッシュモブだと 人数は限られてくるのかなと思ったのですが、 100...

  6. テスト

    テスト記事です。...